26歳になったお話

8月28日で26歳になりました

たくさんのコメントやメッセージ、お祝いありがとうございます


昨年のお誕生日の頃は絶賛無職期間!選考途中の企業様が何件かある状況だった頃で、オリジナルLINEスタンプの販売を開始したり、立体アイロンビーズの制作をしている時期でした。

その頃お世話になったHOW HOUSEのみなさんとは今も仲良くさせていただいており、全然関係のない場所で、いろんなことが繋がって、あちらこちらでHOW HOUSEの存在の大きさを感じています。

また被写体活動を本格的に始めたのもその頃でした。昨年11月より、テスト的に始めたInstagramの被写体アカウントは、毎月のフォロワーさんの数値や投稿タイミングを残しつつ、毎日更新を欠かさず続けています。最近では毎週のように撮影依頼も頂戴しており、さらに力を入れて活動できれば!と、考えています。

昨年10月より、キャラクターライセンスを取り扱う新しい取り組みへの挑戦が始まり、社会人として再スタート。良き環境に恵まれ毎日学ぶコトばかりです。

つなぐ人の見習いとして正式にお仕事が発生したり、ブログを始めたり、これまでの活動をまとめながら、新たな活動にも挑戦しています。昨年なかなか時間の取れなかったけん玉に力を入れたり、VALUを始めたり、InstagramTwitterなどのSNSに力を入れるようになったり、自分のコトをお話する機会を頂いたりと、毎日たくさんの人に支えていただきながら、たくさんのことに挑戦し、学び、発信し、充実した日々を送っております。


改めまして、本当にありがとうございます


そして何より、両親へ感謝の気持ちでいっぱいです。いろいろなことがあったからこそ、家族が大切で、今こうやって活動を出来ているのも全て両親の支え合ってなのだと歳を重ねる度、感じます。(朝から母のメッセージに号泣したのはここだけの話です)


これからは天の持つ多くの繋がりや知識を活かしていけるよう、何かを残せるよう、活動の幅をさらに広げていく、そんな計画を立てています。

まだまだ未熟者ですが、これからも引き続き応援の程よろしくお願いいたします。


今日のお写真は友人の中田天さんに撮っていただいた1枚。

これでもか!と言うくらい名前が似ている天さん。1歳年上の、たくさんの趣味を持つ素敵な男性です。名前どころか性格や趣味、育ってきた環境までそっくり…。美大卒とひとくくりに、様々な分野を学ぶことが出来る中、お互い学ぶのはキュレーション系でした。そのそっくりさは田中天母も「天(私)が男の子だったら、きっとあんな感じ。ちょっと怖いレベルに似ている。」と言われます 笑 (そんな母には1号、2号というあだ名を付けられています)

前回の記事でもご紹介させていただきました『建築学生ワークショップ2017 比叡山』にて、カメラマンを引き受けてくださいまして、その時に撮っていただいた不意打ちの1枚。本当に無理なお願いを快く引き受けてください、感謝の言葉しかありません。また改めてワークショップのレビューと共に、お写真もご紹介させていただきます!


中田天さん

Instagram/@nkttn

Twitter/@ten19901026

つなぐ人の見習い

The story of mine from the past, from now on

0コメント

  • 1000 / 1000